« 湯河原温泉「旅荘船越」おかみの平野洋子先生?の小説「梅一夜*冬ほたる」(ぜんにち出版、1400円税別) | トップページ | 土砂降り »

6月 16, 2009

5月に真打ちに昇進した桂花丸師匠が「三代目桂枝太郎」を襲名!ずずずいっと!

で、枝太郎師匠、岩手の小さな村の出身ってことで、どうやら祖父の代からの家族ぐるみの付き合いという、あの小沢一郎民主党代表代行からもお祝いメッセージをいただいたそうですな。政治家はまめですなあ。でで、落語家を志し、横浜・黄金町に移り住んで12年となり、歌丸師匠の下で修業を積み、今では「笑点」にも、アシスタントでたびたび出演してんだと。出てたかなあ?でもって、目下、池袋演芸場で襲名披露興行中のようで、狂言「蚊相撲」をベースにした枝太郎師匠得意の、殺した蚊が化けて出るという創作落語が見られますかな。まあ、池袋演芸場といえば、チェリーさんのご主人の寄席デビューの場で、当時は、ぼろぼろだったんだって。いまは、小じゃれてんそうなんで、ばっちグー!

|

« 湯河原温泉「旅荘船越」おかみの平野洋子先生?の小説「梅一夜*冬ほたる」(ぜんにち出版、1400円税別) | トップページ | 土砂降り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月に真打ちに昇進した桂花丸師匠が「三代目桂枝太郎」を襲名!ずずずいっと!:

« 湯河原温泉「旅荘船越」おかみの平野洋子先生?の小説「梅一夜*冬ほたる」(ぜんにち出版、1400円税別) | トップページ | 土砂降り »