« 今年四月一日に町制施行100周年を迎えた松田町が記念誌「松田百年」を発行! | トップページ | チェリーさんのご主人のお母さんの旅のこころだー! »

5月 21, 2009

開港の地・横浜の様子や、異国人の暮らしを題材にした「横浜浮世絵」の展覧会

横浜駅西口の横浜高島屋ギャラリーで始まってんだって。で、この展覧会、やっぱり開港150周年を記念したものってことで、全国有数の浮世絵コレクションを持つ川崎・砂子(いさご)の里資料館が所蔵する約150点を展示してんだと。まあ、開港とともに、外国のさまざまな文化が流入して様子も変わった横浜の街を鮮やかに描き出したのが横浜浮世絵なんだそうで、イギリスやロシア、オランダなどから来た外国人の姿だの、少しずつ姿を変えていく横浜の地図だの、華やかな遊女や遊郭などなどの作品が並ぶほか、葛飾北斎さーんや歌川広重さーんが、手がけた横浜の作品も出品されてるってことですな。なるほど?

|

« 今年四月一日に町制施行100周年を迎えた松田町が記念誌「松田百年」を発行! | トップページ | チェリーさんのご主人のお母さんの旅のこころだー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開港の地・横浜の様子や、異国人の暮らしを題材にした「横浜浮世絵」の展覧会:

« 今年四月一日に町制施行100周年を迎えた松田町が記念誌「松田百年」を発行! | トップページ | チェリーさんのご主人のお母さんの旅のこころだー! »