« ゆとりぎみの棟梁の中の棟梁のいとさんと太りぎみのチェリーさんのご主人 | トップページ | 金沢署が動物園に? »

5月 15, 2009

座間市の地域史をまとめた冊子「座間むかしむかし」の第31集が発行!

座間市内で最初の中学校として開校した市立座間中学校とその時代背景を特集してんそうですぞ。で、編集を手掛けたのは、この中学校の卒業生11人によるグループ「八八(はちはち)会」ってことで、校舎の建設が開校に間に合わず、座間中学校の校舎として旧陸軍八八部隊の兵舎を使ったことにちなんだそうですな。なーんか「そろばん」にでも関連してんのかと思いましたな。でで、1947年に開校した中学校での思い出についてメンバーの対談を掲載してて、バレーボール部が県大会で3位に入賞したエピソードや、教師との触れ合いなどが載せられてルカと思いきや、太平洋戦争さなかの暗い体験にも触れており、米軍の機銃掃射で家を破壊されたり、食糧や物資が不足して苦しんだことも語られてんだって。チェリーさんとしても考えさせられますなあ。むむ、まだ読んでないか?でもって、市役所1階の市民情報コーナーなどで販売されてん「ざーま」すぞ!

|

« ゆとりぎみの棟梁の中の棟梁のいとさんと太りぎみのチェリーさんのご主人 | トップページ | 金沢署が動物園に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座間市の地域史をまとめた冊子「座間むかしむかし」の第31集が発行!:

« ゆとりぎみの棟梁の中の棟梁のいとさんと太りぎみのチェリーさんのご主人 | トップページ | 金沢署が動物園に? »