« 住職が喉を悪くしたんで副住職もきて、二人でお経を上げてくれたお通夜のこころだー! | トップページ | 小田原市の曽我梅林にて疾駆する馬の背から射手が的に向かって矢を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」 »

2月 11, 2009

そして小さくなっちゃったチェリーさんのご主人のお父さんのこころだー!(完)

で、やっぱりずーっと箱の中で寝たまんまのチェリーさんのご主人のお父さん、みーんなでその箱の中に花をたくさん入れてあげて、ふたをしめたかと思いきや、釘を打ってふたが開かないようにしちゃったようですぞ。プリンセスてんこうちゃんじゃないんで、もう出られませんな。そんでもって、なーんか派手な車に乗せ、その車にはチェリーさんのご主人も乗って、何やら大和の方に移動!チェリーさんのご主人のお父さんを焼いちゃうんだと。むむ、やっぱり箱の中から出てきて、拍手喝采なのかなあ?が、1時間ほどしたら骨だけにされちゃって、壺の中に入れられちゃって、ずいぶんコンパクトになっちゃいましたな。さようならー!

|

« 住職が喉を悪くしたんで副住職もきて、二人でお経を上げてくれたお通夜のこころだー! | トップページ | 小田原市の曽我梅林にて疾駆する馬の背から射手が的に向かって矢を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして小さくなっちゃったチェリーさんのご主人のお父さんのこころだー!(完):

« 住職が喉を悪くしたんで副住職もきて、二人でお経を上げてくれたお通夜のこころだー! | トップページ | 小田原市の曽我梅林にて疾駆する馬の背から射手が的に向かって矢を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」 »