« 前面に自転車を載せられる路線バス、神奈川中央交通の「サイクル&バスライド」 | トップページ | そして平塚へ! »

2月 28, 2009

太陽光の届かない室内でいかに植物を効率的に育てるか?発光ダイオード(LED)の光でレタスを育てる研究!

まあ近年、照明や温度、湿度などの環境条件を人工的に制御して、農薬を使わずに屋内で農産物を生産する「植物工場」が注目を集めてんそうで、その「光源」として注目を浴び始めているのがLEDなんだと。で、県立中央農業高校の生徒さーんが実験に取り組んでいるそうで、赤と白の光を当てたレタスが最も良く成長し、蛍光灯を当てた場合に比べて消費電力を約半分に節約できることなどを確認したそうですぞ!たいしたもんですな。チェリーさんやチェリーさんのご主人なんぞ、とにかくも食べられりゃぁいいとしか考えてませんからな。

|

« 前面に自転車を載せられる路線バス、神奈川中央交通の「サイクル&バスライド」 | トップページ | そして平塚へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光の届かない室内でいかに植物を効率的に育てるか?発光ダイオード(LED)の光でレタスを育てる研究!:

« 前面に自転車を載せられる路線バス、神奈川中央交通の「サイクル&バスライド」 | トップページ | そして平塚へ! »