« 朝の新聞配達で安否を確認ってことで「新聞配達見守りサービス制度」 | トップページ | びなの役所は毎月第1・3週の土曜日の午前中は開いてますぞ!たすかった! »

2月 21, 2009

逗子市の郷土史をまとめた冊子「手帳」を出版してきた郷土史研究グループ「手帳の会」、お疲れさまでした

この会、結成は1973年ってことで、江戸時代に村役人が作成した地域に関する公文書「地方(じかた)文書(もんじょ)」を市内の旧家から借り受け、その記録を後世に残そうと集まったのが始まりで、テーマは決めず、それぞれが関心を持った分野を調べて執筆してきたんだって。が、この1月に発行した174号を最後に、会員の高齢化や資金不足に加え、後継者が見つからないために、36年間の活動に幕を下ろしちゃったんだと。なーんかもったいないような、寂しいような?でもって、最終号は144ページに14編を収録し、地名の由来や言い伝え、ゆかりの文人などを紹介してんそうですぞ。やっぱりもったいないですなあ。

|

« 朝の新聞配達で安否を確認ってことで「新聞配達見守りサービス制度」 | トップページ | びなの役所は毎月第1・3週の土曜日の午前中は開いてますぞ!たすかった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逗子市の郷土史をまとめた冊子「手帳」を出版してきた郷土史研究グループ「手帳の会」、お疲れさまでした:

« 朝の新聞配達で安否を確認ってことで「新聞配達見守りサービス制度」 | トップページ | びなの役所は毎月第1・3週の土曜日の午前中は開いてますぞ!たすかった! »