« そして小さくなっちゃったチェリーさんのご主人のお父さんのこころだー!(完) | トップページ | 「おっぱま杏鍋」 »

2月 12, 2009

小田原市の曽我梅林にて疾駆する馬の背から射手が的に向かって矢を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」

今月に開幕した小田原梅まつりの行事のひとつってことで、満開を迎えた約3万5000本の白い花が香る中、行われたそうですぞ。で、この流鏑馬、「天下太平、五穀豊穣(ほうじょう)」を願う神事で、曽我兄弟の義父が弓馬の達人だったという伝承にちなんで行われてんそうなんですけど、「そが」なあ?でで、射手10人は一人一人、約240メートルの直線の馬場に馬を走らせながら、矢を弓につがえては三つの的を狙い、次々に放っって、矢が小さな的を射抜くたび、「や」ーぁね、ってことは言いませーんぞ!

|

« そして小さくなっちゃったチェリーさんのご主人のお父さんのこころだー!(完) | トップページ | 「おっぱま杏鍋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市の曽我梅林にて疾駆する馬の背から射手が的に向かって矢を放つ「流鏑馬(やぶさめ)」:

« そして小さくなっちゃったチェリーさんのご主人のお父さんのこころだー!(完) | トップページ | 「おっぱま杏鍋」 »