« 子供たちと障害者が交流する陶芸教室 in びなの障害者自立支援施設「海老名市あきばデイサービスセンター」 | トップページ | 横浜松坂屋の前身の野澤屋時代に販売していた緑茶のパッケージを復刻!「ちゃ」いならーぁ! »

10月 06, 2008

鳥インフルエンザの影響や周辺住民の苦情などで県内の小学校で飼うニワトリやウサギなどが激減!こーんなことでいいのか?

小学校での動物の飼育活動は情操教育の場にもなってんそうなんですけど、2004年には、ニワトリやチャボ、っていっても「ふるいど」のじゃぁありませんぞ!、が県内の公立小学校で計2,400羽飼われていたのが、2007年には計1,652羽と大幅に減少しちゃったんだと。で、要因は、やっぱり5年前にアジアを中心に流行した鳥インフルエンザってことで、日本でも79年ぶりに発生しましたからなあ。最近では周辺住民から鳴き声やにおいに対する苦情も寄せられてんそうで、失礼しちゃいますな!ぷんぷん!

|

« 子供たちと障害者が交流する陶芸教室 in びなの障害者自立支援施設「海老名市あきばデイサービスセンター」 | トップページ | 横浜松坂屋の前身の野澤屋時代に販売していた緑茶のパッケージを復刻!「ちゃ」いならーぁ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザの影響や周辺住民の苦情などで県内の小学校で飼うニワトリやウサギなどが激減!こーんなことでいいのか?:

« 子供たちと障害者が交流する陶芸教室 in びなの障害者自立支援施設「海老名市あきばデイサービスセンター」 | トップページ | 横浜松坂屋の前身の野澤屋時代に販売していた緑茶のパッケージを復刻!「ちゃ」いならーぁ! »