« 県内の砂浜に打ち上げられた海藻で形や模様を描く「海藻おしば教室」] | トップページ | さがみ農協のびな支店 »

8月 05, 2008

地球温暖化防止について考える「環境体験学習会」

びなの県立海老高で開かれたそうなんですけど、この海老高、県教育委員会指定の「環境・エネルギー教育重点推進校」なんだと。名誉あることなのかなあ?で、NPO法人「ソフトエネルギープロジェクト」とともに取り組むこの学習会、地域への普及啓発の一環で昨年に続き2回目なんだって。でで、びなの小学生ら計約30人が参加し、地球温暖化の現状について講義を受けた後、校庭で体験学習に臨み、電動車いすのソーラーカーを運転したり、「ソーラークッカー」でホットケーキを焼いたりと、太陽光の可能性を学んだってことですな。いやはや毎日ぴーかんでこーんんなに厚いんですから、太陽光をもっと利用すればグッドですな。チェリーさんなんぞ、この厚い中、外にでもでようもんなら「焼き鳥」になっちゃいますな。

|

« 県内の砂浜に打ち上げられた海藻で形や模様を描く「海藻おしば教室」] | トップページ | さがみ農協のびな支店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化防止について考える「環境体験学習会」:

« 県内の砂浜に打ち上げられた海藻で形や模様を描く「海藻おしば教室」] | トップページ | さがみ農協のびな支店 »