« 南足柄市に出没する野生のニホンザルと渋谷駅にいたサルとの関係如何 | トップページ | むらちゃんを囲む会 »

8月 22, 2008

国産・地場産の食材をカロリーベースで50%以上使う飲食店に、緑色の提灯を掲げてもらう「緑提灯」運動

食料自給率の向上を目的に北海道で始まったってことで、県内でも広がりを見せてんだと。でもって、加盟により事務局から送られる提灯には、「地場産品応援の店」の文字と、五つの白星が描かれてんそうで、使用量50%超なら店側が「一つ星」として一つを黒く塗り、段階的に最多の90%超なら五つの星すべてを塗っていくんだって。たとえば、豚肉創作料理店「やまと」さーんなんぞは、中心食材である豚肉に国内直営牧場で飼育した「やまと豚」を使用しており、「五つ星」を示してて、居酒屋「杜蔵(もりぞう)」さーんなんぞも、社会福祉法人杜(もり)の授産施設で作った豆腐や、区内で収穫した野菜を使ったメニューを提供してて、現在は星三つだって。びなの店にもぶら下がってますかなあ?

|

« 南足柄市に出没する野生のニホンザルと渋谷駅にいたサルとの関係如何 | トップページ | むらちゃんを囲む会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国産・地場産の食材をカロリーベースで50%以上使う飲食店に、緑色の提灯を掲げてもらう「緑提灯」運動:

« 南足柄市に出没する野生のニホンザルと渋谷駅にいたサルとの関係如何 | トップページ | むらちゃんを囲む会 »