« 山北町の林道そばの茂みの中にひっそりと咲くホタルブクロ(キキョウ科) | トップページ | カヤを束ねた輪をくぐって無病息災、家内安全を願う「茅(ち)の輪くぐり」 »

6月 27, 2008

山北町の県立丹沢湖ビジターセンターの庭にくるモリアオガエル(アオガエル科)、なーんとも受難続き?

どうやら日本固有のモリアオガエル、池の上に伸びた木の枝に泡状の卵塊を産み、ふ化したオタマジャクシは水中に次々と落下してくんだって。で、どういうわけか3年前から繁殖期にこのセンターにくるようになったってことのようなんですけど、今回は、まだ一匹もふ化していない卵塊が水面(みなも)に浮いてたそうで、大雨の影響で落下したみたいですな。でで、昨年はっていうと、親ガエルがアオダイショウに頭からかぶりつかれたが、飲み込まれないように体を膨らませて抵抗し、アオダイショウもろとも枝から落下して危うく難を逃れ、2年前はっていうと、枝に産みつけた卵塊の真下が池岸で、ふ化したオタマジャクシは浅瀬や土の上に落下しちゃったんだと。どうやら産卵の頼もしいサポート役がいるんでこの庭が気に入っているようですな。

|

« 山北町の林道そばの茂みの中にひっそりと咲くホタルブクロ(キキョウ科) | トップページ | カヤを束ねた輪をくぐって無病息災、家内安全を願う「茅(ち)の輪くぐり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山北町の県立丹沢湖ビジターセンターの庭にくるモリアオガエル(アオガエル科)、なーんとも受難続き?:

« 山北町の林道そばの茂みの中にひっそりと咲くホタルブクロ(キキョウ科) | トップページ | カヤを束ねた輪をくぐって無病息災、家内安全を願う「茅(ち)の輪くぐり」 »