« 床屋さんへ行ったらHDDビデオデッキが壊れた? | トップページ | 相模原市津久井地域の郷土料理を詰めた「津久井弁当」 »

6月 30, 2008

「間伐材ラッピング自動販売機」、全国第一号機を県建具協同組合の事務所に設置!

自動販売機も飲料容器にも国産間伐材を有効利用しようってことで、「ポッカ コーポレーション」さんと、間伐材の有効利用など環境を考えたものづくりに取り組む「NPO法人職人の森」とが企画したんだと。で、国産間伐材の有効利用は、森林の手入れになり、森林保全につながるんだって。ふむふむ。でで、今回のラッピング自動販売機は既存の自販機を厚さ0.3ミリにスライスした大分県産スギの間伐材シートで張ったもので、従来と同じスペースで設置できんそうですな。なーるほど!ででで、販売飲料も、国産間伐材を使った紙パック「カートカン」入りのものを取り入れたってことですけど、チェリーさんは中身よりもその容器がほしいですなあ。

|

« 床屋さんへ行ったらHDDビデオデッキが壊れた? | トップページ | 相模原市津久井地域の郷土料理を詰めた「津久井弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「間伐材ラッピング自動販売機」、全国第一号機を県建具協同組合の事務所に設置!:

« 床屋さんへ行ったらHDDビデオデッキが壊れた? | トップページ | 相模原市津久井地域の郷土料理を詰めた「津久井弁当」 »