« 第一弾は箱根・富士屋ホテル総料理長監修の「まさカリーパン」 | トップページ | 第42回清尚会書展!「雲」がテーマでーす! »

5月 31, 2008

なぜか和歌山のやまちゃんなのに「あかふく」?

これまたチェリーさんのご主人の骨折により、去年の忘年会から延びに延びていた、和歌山のやまちゃんとの飲み会が実現したようですぞ。だいたい和歌山のやまちゃんってくらいですから、普段は和歌山にいるんで、こんなに早く実現するとは、チェリーさんにしても思ってもいませんでしたぞ。で、場所は、またまたびなの「土の香」さーん。とにかく「おすすめメニュー」の端から端まで注文したってことですから、この二人、やっぱり食い過ぎですぞ。「うなぎのしらやき」?、「しろレバー」?、は絶品ってことですな。でで、そんだけ食べたのに、「すし家」へと。年はとれども、やってんことは昔と変わりませーんってことですかなあ?

|

« 第一弾は箱根・富士屋ホテル総料理長監修の「まさカリーパン」 | トップページ | 第42回清尚会書展!「雲」がテーマでーす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか和歌山のやまちゃんなのに「あかふく」?:

« 第一弾は箱根・富士屋ホテル総料理長監修の「まさカリーパン」 | トップページ | 第42回清尚会書展!「雲」がテーマでーす! »