« 柳家権太朗師匠 in にぎわい座 | トップページ | 携帯電話を使った日本初のぜんそく遠隔医療システムの実用化は秒読み段階! »

5月 05, 2008

日本の中部地方以西の渓流域に自生する日本原産の小型ラン「イワチドリ」の展示会

平塚市の「JAグリーンかながわ」で開かれてんだって。で、イワチドリは、四国や九州、紀伊半島の渓流沿いの湿った岩場などに群生してんそうで、岩に生える千鳥?鳥なのに?、に似た花が名前の由来みたいで、環境省の絶滅危惧(きぐ)種に指定されてんだと。でで、約30種の鉢やコケ玉が展示されてるってことで、茎の長さは5~15センチで、直径1~1.5センチほどの小さな花は、白、紫色、ピンクと色とりどりなんだと。およよ?

|

« 柳家権太朗師匠 in にぎわい座 | トップページ | 携帯電話を使った日本初のぜんそく遠隔医療システムの実用化は秒読み段階! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の中部地方以西の渓流域に自生する日本原産の小型ラン「イワチドリ」の展示会:

« 柳家権太朗師匠 in にぎわい座 | トップページ | 携帯電話を使った日本初のぜんそく遠隔医療システムの実用化は秒読み段階! »