« 千代紙や折り紙などで木や花を表現した紙細工を、こつこつと | トップページ | なぜか和歌山のやまちゃんなのに「あかふく」? »

5月 30, 2008

第一弾は箱根・富士屋ホテル総料理長監修の「まさカリーパン」

郷土の英雄・金太郎を使って足柄地域のまちおこしを図るプロジェクトが動きだしてんだと。で、その第一弾が「まさカリーパン」ってことのようなんですけど、金太郎が担いでいるマサカリにちなんだもので、地元産の足柄牛を使ったビーフカレーパンなんだって。でで、なーんとも差別化を図ろうってことで、金太郎が成長した坂田金時?の息子の金平(きんぴら)にちなんでゴボウも入ってんそうなんですけど、ちと無理矢理って感じですな。が、目下試作中のようで、7月ごろに完成させ、8月ごろから販売すんそうですぞ。なお、変わって、最近静かな人気を集めつつある?みたいの「チェリーパイ」と、チェリーさんとは関係ありませーん!

|

« 千代紙や折り紙などで木や花を表現した紙細工を、こつこつと | トップページ | なぜか和歌山のやまちゃんなのに「あかふく」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一弾は箱根・富士屋ホテル総料理長監修の「まさカリーパン」:

« 千代紙や折り紙などで木や花を表現した紙細工を、こつこつと | トップページ | なぜか和歌山のやまちゃんなのに「あかふく」? »