« ピーコのご主人は研究者へ! | トップページ | 厚木市内で観察された動植物を写真を中心に紹介する「あつぎ自然歳時記」 »

3月 28, 2008

関内なのに「祗園」とは、これ如何に?

本来であれば忘年会だったのが、チェリーさんのご主人の骨折により、「じゃあ、新年会ってことで」となり、なんやかんやでのびのびとなっていた、「こっちゃんを囲む会」なんですけど、ようやく実現したようですな。まあ、こっちゃんも年度末で忙しかったそうなんですけど、まずは少し落ち着いたってことで、元気はつらつだったみたいですぞ。なにしろ若いですからなあ。で、いわゆる「セルテ」の裏にある、なーんか少し狭い、関内なのに「祗園」っていうお店にて。でで、おかぴいは途中から寝ちゃってて、チェリーさんのご主人がこっちゃんの爆裂トークの相手をし、それでもみーんな満足のひとときだったってことのようですから、よかった、よかった?

|

« ピーコのご主人は研究者へ! | トップページ | 厚木市内で観察された動植物を写真を中心に紹介する「あつぎ自然歳時記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関内なのに「祗園」とは、これ如何に?:

« ピーコのご主人は研究者へ! | トップページ | 厚木市内で観察された動植物を写真を中心に紹介する「あつぎ自然歳時記」 »