« 30年近く前から続く駅員らによる手動での電車の扉開けが幕を閉じますぞ!もう手動では開きませーん? | トップページ | 東京-大阪間の寝台急行「銀河」、最後の旅へ出発! »

3月 14, 2008

相模原市に「アジサイ型サブレー」と「着物姿のキューピー人形」が誕生!

新たな土産品の開発に取り組む相模原市ってことで、合併した旧津久井郡4町を含めて観光振興に力を入れてきたそうなんですけど、市を代表する土産品がないって悩んでたんだと。で、サブレーは、オギノパンさーんが発案したってことで、市の花「アジサイ」を型どってんだって。「アジサイ・サブウェイ」の方が珍しいですぞ。パン屋さんでは作れませんけど。でで、キューピー人形は、田倉製紐工場さーんが制作したってことで、相模湖町小原地区で行われている大名行列の衣装を参考に、同地区に残る本陣屋敷「小原本陣」の文字を着物の襟に縫い込むなど細部にこだわってんだって。なーんでキューピーなんだろう?「キューピー」ッチに決めちゃいましたかな。もう一声ってことで、「キューピー人形焼き」はどうですかなあ?

|

« 30年近く前から続く駅員らによる手動での電車の扉開けが幕を閉じますぞ!もう手動では開きませーん? | トップページ | 東京-大阪間の寝台急行「銀河」、最後の旅へ出発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模原市に「アジサイ型サブレー」と「着物姿のキューピー人形」が誕生!:

« 30年近く前から続く駅員らによる手動での電車の扉開けが幕を閉じますぞ!もう手動では開きませーん? | トップページ | 東京-大阪間の寝台急行「銀河」、最後の旅へ出発! »