« バースデイ・プレゼントは「ギブスがとれたこと」!なーんかむなしい! | トップページ | 粥からすくった米で、一年の農作物の出来や気候を占う「筒粥(つつがゆ)神事」 »

1月 07, 2008

びなで消防団員の人手不足が深刻化してんで消防団OBを活用する県内初の「消防協力員制度」創設へ!

どうやら、びなには各地域ごとに15の消防分団、計210人が活動してて、建物火災が発生した際に消火活動に従事してんそうですな。市内在住・在勤で健康な18歳以上なら誰でも加入できるが、近年希望者が減少の一途ってことで、中には10人程度の“弱小分団”もあんだと。まあ、消火活動は年に6~7回程度みたいなんですけど、月1回の消火栓・消火器具の点検、火災予防特別警戒、地域の行事などへの参加などなど、結構忙しいようですな。そんんあこんなで、びなの役所では60歳以下の消防団や市消防職員OBを非常勤特別職として活用する「市消防協力員制度」を検討してるってことですけど、「ぼや」「小火」してられませんぞ!

|

« バースデイ・プレゼントは「ギブスがとれたこと」!なーんかむなしい! | トップページ | 粥からすくった米で、一年の農作物の出来や気候を占う「筒粥(つつがゆ)神事」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びなで消防団員の人手不足が深刻化してんで消防団OBを活用する県内初の「消防協力員制度」創設へ!:

« バースデイ・プレゼントは「ギブスがとれたこと」!なーんかむなしい! | トップページ | 粥からすくった米で、一年の農作物の出来や気候を占う「筒粥(つつがゆ)神事」 »