« 「ほどじゃが焼酎」「じゃがどら」!保土ヶ谷「くっせい」味がしまずかなあ? | トップページ | 鉄道フェスティバル »

10月 13, 2007

相模原台地でかつて自生していたミシマサイコの花

北里大学の薬用植物園「北里サテライトガーデン」で見ごろを迎えてんだって。かつて相模原には「柴胡が原」とも呼ばれるほど自生していたってことなんですけど、宅地化が進んでほとんど見られなくなっちゃったんだと。で、ミシマサイコっていうのはセリ科植物で、根が漢方薬の原料「柴胡(さいこ)」となんだと。じゃ、「ミシマ」っていうのはなんだ?でで、通常、花はつぼみのうちに摘み取るそうなんですけど、採種のために花を残した約100株が9月ごろから咲き始め、今が「さいこ」うみたいですな。でもって、直径1・2ミリの可憐(かれん)な花が一株に無数に咲き乱れてんらしいですぞ!

|

« 「ほどじゃが焼酎」「じゃがどら」!保土ヶ谷「くっせい」味がしまずかなあ? | トップページ | 鉄道フェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模原台地でかつて自生していたミシマサイコの花:

« 「ほどじゃが焼酎」「じゃがどら」!保土ヶ谷「くっせい」味がしまずかなあ? | トップページ | 鉄道フェスティバル »