« 江戸時代初期、川崎の大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 | トップページ | びなの役所が管理・運営する防犯拠点「さがみ野安全安心ステーション」(愛称・安パト)が開所!「やすパト」かなあ? »

10月 23, 2007

体長132センチ、体重5.56キロの巨大なクロアナゴ!「あねご」じゃありませんぞ!

てなことで、横浜市の本牧ふ頭沖で釣り上げられたんだって。愛好家からの釣果データを集計している?いろんなもんを集計してますなあ、そのジャパンゲームフィッシング協会によりますと、竿(さお)で釣り上げたクロアナゴとしては記録を0.2キロ上回り、世界最大なんだと。で、午後9時ごろ、本牧ふ頭から釣り船で約100メートル沖合に出かけ、翌午前1時ごろ、竿が海面に向かって大きく曲がったってことなんですけど、格闘すること15分、ようやくクロアナゴが海面に姿を現したそうですぞ。でで、現在は氷水の中で保存中ってことのようで、「こおり」やぁ、まあ、驚いた!やっぱり食べちゃうのかなあ?

|

« 江戸時代初期、川崎の大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 | トップページ | びなの役所が管理・運営する防犯拠点「さがみ野安全安心ステーション」(愛称・安パト)が開所!「やすパト」かなあ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体長132センチ、体重5.56キロの巨大なクロアナゴ!「あねご」じゃありませんぞ!:

« 江戸時代初期、川崎の大師河原で行われた酒飲み合戦を再現する「水鳥(すいちょう)の祭」 | トップページ | びなの役所が管理・運営する防犯拠点「さがみ野安全安心ステーション」(愛称・安パト)が開所!「やすパト」かなあ? »