« ミネラル成分が豊富な海洋深層水を使ったダイコンのスプラウト(新芽野菜)の栽培法を確立? | トップページ | 絵本作家らが子供向けの私設図書室「どんぐり文庫」を、19年ぶりに”復活”! »

8月 20, 2007

平塚市の相模川河口近くの岸辺で明治時代初頭まで両岸を行き来した渡し舟が再現!

今回で7回目なんだそうですけど、昔の旅の大変さなどを知ってもらおうと企画されたんだって。そんでもって、笠(かさ)を被り前掛けを付けた伝統的な衣装で登場の船頭さんが長さ4メートルの竹竿(ざお)で川底を突きながら器用に舟を操って、長さ4メートル、幅1メートルの和舟が岸辺の1キロを周遊したそうですぞ。涼しそうですなあ。が、この船頭さん、大家の若旦那で、道楽のあまりに家をかんどうされたってことはないでしょうな。「岸にあがって、船頭を呼んできてくれ」ってことになっちゃいますからな。分かるかなあ、分かんねえだろうなあ。

|

« ミネラル成分が豊富な海洋深層水を使ったダイコンのスプラウト(新芽野菜)の栽培法を確立? | トップページ | 絵本作家らが子供向けの私設図書室「どんぐり文庫」を、19年ぶりに”復活”! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚市の相模川河口近くの岸辺で明治時代初頭まで両岸を行き来した渡し舟が再現!:

» 雑記帳 「金魚博士」は今年もゼロ  [大和郡山・金魚検定]
国有数の金魚の産地・奈良県大和郡山市で19日、金魚に関する知識の精通度などを認定する第2回「大和郡山・金魚検定」があった。 ◇全国金魚すくい選手権大会に合わせて実施。100点満点中90点以上は「金魚博士」になれるが昨年はゼロ。難しすぎると指摘されていた。 ◇今年は小学生用の「児童の部」も新設。博士第1号誕生に期待がかかったが、またもや見送りに。すいすい難問を解くつわものが来年こそ現れるか... [続きを読む]

受信: 8月 20, 2007 02:23 午後

« ミネラル成分が豊富な海洋深層水を使ったダイコンのスプラウト(新芽野菜)の栽培法を確立? | トップページ | 絵本作家らが子供向けの私設図書室「どんぐり文庫」を、19年ぶりに”復活”! »