« 参加費が義援金となる「チャリティーそうめん流し」 | トップページ | 「小児救急のかかり方 ハンドブック」を作成!表紙には「しまじろう」を、後半には子育て支援情報! »

8月 29, 2007

1938年に建築された外国商社の事務所ビル「ストロングビル」が解体!結構「ロング」に建ってましたな!

このストロングビル、鉄筋コンクリート3階建てで、まあ、一部地下1階建てになってんようですけど、横浜出身の建築家・矢部又吉巨匠が設計したってことで、シンプルなオフィスビルでありながら、窓枠には珍しい鉄製サッシが使われるなど、保存状態が良いことが特徴なんだと。で、横浜市は今後、市歴史的建造物に認定する方向で検討を進めてんそうで、外観保全に当たっての助成をすんみたいですな。でで、戦前のビル外観をホテルの低層部に復元しつつビジネスホテルに建て替えられちゃうんだって。そんでもって、解体に先立ち市は9月1・、2日の2日間、ビルを一般公開すんそうですけど、「ストロング」とはいえ、時の流れには弱かったようですな。

|

« 参加費が義援金となる「チャリティーそうめん流し」 | トップページ | 「小児救急のかかり方 ハンドブック」を作成!表紙には「しまじろう」を、後半には子育て支援情報! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1938年に建築された外国商社の事務所ビル「ストロングビル」が解体!結構「ロング」に建ってましたな!:

« 参加費が義援金となる「チャリティーそうめん流し」 | トップページ | 「小児救急のかかり方 ハンドブック」を作成!表紙には「しまじろう」を、後半には子育て支援情報! »