« びなの市内で収穫した梅を100パーセント原料に使った新製品「梅酢」、変な漫画を書く人じゃありませんぞ!「 | トップページ | 約50種400点の食虫植物を集めた「世界の食虫植物展」、むしゃむしゃ? »

7月 23, 2007

奈良時代の僧行基作と伝えられる厚木市下荻野の「子合地蔵尊」の御利益をうたう「子合山音頭」

で、子合地蔵尊っていうのは、行基が同じ木で作った三体の仏像の一つで、大阪と福島の二体とともに日本三躰(たい)地蔵尊とされてんだって。でで、この音頭、市郷土資料館に残されていた、明治時代からある版木を基に、地域住民らが地蔵の由来を現代語訳し、誰でも口ずさめる歌と踊りとなったみたいですぞ。踊りは現代語訳しないのかなあ?そんでもって、下荻野の子合児童公園で行われる夏祭りにて盆踊りが初披露さてんそうですぞ。御利益はあるかなあ。参加しなきゃだめか!

|

« びなの市内で収穫した梅を100パーセント原料に使った新製品「梅酢」、変な漫画を書く人じゃありませんぞ!「 | トップページ | 約50種400点の食虫植物を集めた「世界の食虫植物展」、むしゃむしゃ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良時代の僧行基作と伝えられる厚木市下荻野の「子合地蔵尊」の御利益をうたう「子合山音頭」:

» 会津若松城(あいずわかまつじょう) [小幡Weblog]
会津若松城(わかまつじょう)は、福島県会津若松市追手町にある城です。観光地名として有名ですよね。そんな会津若松城の歴史を少し紹介します [続きを読む]

受信: 7月 23, 2007 10:08 午前

« びなの市内で収穫した梅を100パーセント原料に使った新製品「梅酢」、変な漫画を書く人じゃありませんぞ!「 | トップページ | 約50種400点の食虫植物を集めた「世界の食虫植物展」、むしゃむしゃ? »