« 常設館としては国内初導入となるびなの市教育センターのデジタル立体プラネタリウム | トップページ | 奈良時代の僧行基作と伝えられる厚木市下荻野の「子合地蔵尊」の御利益をうたう「子合山音頭」 »

7月 22, 2007

びなの市内で収穫した梅を100パーセント原料に使った新製品「梅酢」、変な漫画を書く人じゃありませんぞ!「

びなの商工会議所には銘酒開発委員会っていうのがあっって、販売を開始したんだって。どうやらチェリーさんのご主人の実家の近くの大谷地区で6月下旬に収穫した梅(豊後梅、白加賀梅)約100キロを原料にし、梅を搾って果汁にしたものにワインビネガーを混ぜ合わせ、さらにはちみつを加えたんだと。酢はどうなってんだ?で、炭酸や水割りに加えるだけでなく、マリネなどの料理にも使えんそうですぞ。でで、500ミリリットル入り1,200円(税込みですぞ!)で、なーんとも2,400本、何か中途半端な数ですなあ、の限定発売で、びっくりしたことには市内の酒販組合加盟店25店で取り扱ってんそうですけど、チェリーさんちの近所の酒屋さんにはあるのかなあ?

|

« 常設館としては国内初導入となるびなの市教育センターのデジタル立体プラネタリウム | トップページ | 奈良時代の僧行基作と伝えられる厚木市下荻野の「子合地蔵尊」の御利益をうたう「子合山音頭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びなの市内で収穫した梅を100パーセント原料に使った新製品「梅酢」、変な漫画を書く人じゃありませんぞ!「:

« 常設館としては国内初導入となるびなの市教育センターのデジタル立体プラネタリウム | トップページ | 奈良時代の僧行基作と伝えられる厚木市下荻野の「子合地蔵尊」の御利益をうたう「子合山音頭」 »