« チェリーさんのご主人の実家に全員集合! | トップページ | 記念誌「足柄歴史新聞」で、こいつは春から縁起がいいわい! »

1月 03, 2007

高尾山の「びわのたき」コースはきついですぞ!

何を思ったかチェリーさんのご主人、高尾山の薬王院に出かけましたぞ。まずは頂上ってことで、3つのコースからたきが見えるっていうんで「びわのたき」コースを選んだようなんですけど、もうぜーぜーだったようですぞ。侮れませんぞ。が、他のみんなは楽々で、スカートの子だのじいちゃん、ばあちゃんだのなんぞ、すいすい歩いてた模様。日頃の運動不足ですな。頂上にて甘酒を飲み、目的の薬王院へと。が、小さい寺だなあと思ってお参りして階段を降りたら、またお寺。なーんだと思ってお札とお守りを買って階段を降りたら、またお寺。どうやらここがメインだったみたいですな。こんなことで御利益ありますかなあ?なお、お札は東向きにテープにて貼って、汚れたら張り替えてくださーーい!むむ、チェリーさんのかごの斜め上に貼りましたな。

|

« チェリーさんのご主人の実家に全員集合! | トップページ | 記念誌「足柄歴史新聞」で、こいつは春から縁起がいいわい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山の「びわのたき」コースはきついですぞ!:

» 高尾山琵琶滝伝説 [高尾天狗の山歩記(やまあるき)]
昔、高尾の山奥に、鳴鹿の谷と呼ばれる谷がありました。そこにはその名の通り、鹿の群が棲んでいたのですが、聖地として誰も近づかない場所でもありました。そして、その奥には洞窟があってそこから清流が湧いていたと言うことです。そしてこの流れが前沢の谷から案内川と...... [続きを読む]

受信: 1月 03, 2007 12:15 午後

« チェリーさんのご主人の実家に全員集合! | トップページ | 記念誌「足柄歴史新聞」で、こいつは春から縁起がいいわい! »