« 社家から厚木への徒歩のたび? | トップページ | そして、また、この三人ということで! »

10月 27, 2006

耐震不足から「取り壊し」の危機にある郷土資料館「海老名温故館」!どうなんだ!

この温故館、1918年に建てられた旧海老名村役場を資料館としたもので、瓦や土器など遺物などを収蔵・展示してんですぞ。が、老朽化し耐震診断で、大規模地震で倒壊の恐れがあるとされちゃったもんで、この9月から休館してんだと。がが、国指定の相模国分寺史跡内にあり建て替工事ができないんだって。そんじゃあ、どうすんだ!てなことで、2,504人分の署名が集まり、市に「温故館を文化財として位置付け、取り壊すことなく、すみやかに修理・補強し活用できるようにすること」を求てんようですな。でで、びなの役所はどうしようっていってんだ!はっきりせーい!

|

« 社家から厚木への徒歩のたび? | トップページ | そして、また、この三人ということで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震不足から「取り壊し」の危機にある郷土資料館「海老名温故館」!どうなんだ!:

« 社家から厚木への徒歩のたび? | トップページ | そして、また、この三人ということで! »