« 10月14日は「鉄道の日」ってことで! | トップページ | 「横濱ジャズプロムナード2006」が開幕! »

10月 07, 2006

背中に羽を持ってて木の間を滑空する「タイワントビナナフシ」の七不思議?

こやつ、通常のナナフシと比べ細身で触角が長く、羽を持つのが特徴ってことで、静岡県が北限とされており、県内では1989年に横浜市でメスの成虫が発見されたのにつづく2例目なんだと。で、もともと暖かい地域に生息する種なのに、藤沢市内で発見されたらしいんですけど、何でだろう?どうやら体長9センチほどのメスの成虫ってことみたいなんですけど、現在は茅ケ崎市にいるんだって。何でだろう?発見後、調査を行ったが、ほかのやつらは見つからなかったそうなんですけど、何でだろう?成虫としては越冬できない種のため、まもなくお亡くなりになっちゃうかもしれないんだと。これは理由がはっきりしてますな。じゃ、3不思議ですな。

|

« 10月14日は「鉄道の日」ってことで! | トップページ | 「横濱ジャズプロムナード2006」が開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背中に羽を持ってて木の間を滑空する「タイワントビナナフシ」の七不思議?:

» 初トラックバック [もなみ]
うーん。ブログって難しい・・・でもハマリそう(笑)旦那がいないうちに更新w [続きを読む]

受信: 10月 08, 2006 01:28 午後

» 初トラックバック [もなみ]
うーん。ブログって難しい・・・でもハマリそう(笑)旦那がいないうちに更新w [続きを読む]

受信: 10月 12, 2006 09:19 午後

« 10月14日は「鉄道の日」ってことで! | トップページ | 「横濱ジャズプロムナード2006」が開幕! »