« 渡し船「丸子の渡し」 | トップページ | 横浜赤レンガ倉庫前の広場に高さ6メートルの巨大ないすが出現! »

8月 28, 2006

国の伝統的工芸品の、幾何学的模様のデザインが特徴の箱根寄木細工、独自のマークを考案!

中国産などの安価な木製品に押されて生産額が落ち込んでんそうなんですけど、国内外のホテルに寄せ木の食器などを使ってもらうための働き掛けを始めたほか、品質の高さをアピールしようと独自のマークを考案し、シールにして商品に張り付けてんだって。宿泊施設やレストラン、式場などに食器や調理機器、調度品などを売り込む見本市「国際ホテル・レストラン・ショー」に、、寄せ木と漆器のブースが初参加したと思いきや、濃淡の違う茶色のひし形の中に「箱根寄木」の四文字を記したマークなんぞ、シールにして加盟16社に配布し、産地である小田原・箱根地域で作業の全工程を行った証しとして商品に張り付けてんだと。これは、とっても「wood」なんですけど、そうではなくて「good」な製品ですぞ!

|

« 渡し船「丸子の渡し」 | トップページ | 横浜赤レンガ倉庫前の広場に高さ6メートルの巨大ないすが出現! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国の伝統的工芸品の、幾何学的模様のデザインが特徴の箱根寄木細工、独自のマークを考案!:

« 渡し船「丸子の渡し」 | トップページ | 横浜赤レンガ倉庫前の広場に高さ6メートルの巨大ないすが出現! »