« みこしを担いで川の中を練り歩く「お浜下(ぐ)り」 | トップページ | 県内の各華道流派が一堂に会する「県華道展」 »

8月 12, 2006

戦争が終わってチェリーさんは生まれたから、「横浜の子どもたちが体験した疎開・空襲・占領展」

戦時下の集団疎開や横浜大空襲の体験を後世に語り継ごうってことで横浜市の有隣堂ギャラリーで始まってんだと。疎開児童の暮らしぶりや空襲後の町の様子などを描いた絵画12点を展示してたり、県内の疎開状況を示した大型地図や、焼夷(しょうい)弾の破片で作ったシャベル、家族から送られた手紙など、当時の疎開児童の様子を伝える史料も並んでんそうですぞ。で、会場ではほかに、戦争を題材にした童話の朗読や紙芝居の上演、ビデオ上映も随時行ってんだって。「そかい、「そかい」なんていい加減に言っててはいけませんぞ!ででで、目下中近東付近では戦争してんみたいですから、チェリーさんもまじめに考えますぞ!何を?

|

« みこしを担いで川の中を練り歩く「お浜下(ぐ)り」 | トップページ | 県内の各華道流派が一堂に会する「県華道展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争が終わってチェリーさんは生まれたから、「横浜の子どもたちが体験した疎開・空襲・占領展」:

« みこしを担いで川の中を練り歩く「お浜下(ぐ)り」 | トップページ | 県内の各華道流派が一堂に会する「県華道展」 »