« 梅雨はどこへいった! | トップページ | 「みなと祭第五十一回国際花火大会」 »

7月 16, 2006

「厚木小唄」が復活!

「厚木小唄」、その昔は「厚木音頭」って言ってたそうなんですけど、1905年、旧厚木町の料亭など相模川近辺の商家の人々がアユ漁を楽しむ屋形船で歌や踊りが振る舞われる中で誕生し、親しまれてたんだと。だから、歌詞には誕生当時の相模川の情景などがつづられてんだって。が、1970年ごろから花柳界が衰退し徐々に歌われることが少なくなり、現在歌える人はわずかとなっちゃった模様。貴重な文化を保存するってことで復活したみたいですな。で、復活した「厚木小唄」はCDにして、厚木北地区市民センター)などで保管されるってことですぞ。でで、「花柳界」の復活はないんですかなあ。シィッチュエーションも大事だと思いますぞ!あらら、舌かんじゃった!

|

« 梅雨はどこへいった! | トップページ | 「みなと祭第五十一回国際花火大会」 »

コメント

初めまして

どえらえもん、といいます。

ココログの検索でこちらにたどりつきました。

しかし世の中にはいろんな世界があるのに驚きです。勉強になります~

毎日、でたらめな妖怪人間を相手にしている自分とは大違いです。

どうもお邪魔しました (^^)

投稿: どえらえもん | 7月 16, 2006 06:36 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「厚木小唄」が復活!:

« 梅雨はどこへいった! | トップページ | 「みなと祭第五十一回国際花火大会」 »