« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

7月 31, 2006

ようやくの梅雨明け?残ってんのは東北地方だけー!

どうやら関東甲信をはじめ中国、近畿、東海、北陸などの各地方が梅雨明けしたとみられるってことみたいですぞ。はっきりとはしませんな。関東甲信では平年と比べ10日、昨年と比べると12日遅いんだと。横浜地方気象台さんによると、県内の最高気温は、やっぱりびなで、31.8度だったそうですぞ!暑いわけだー!ででで、妙にチェリーさんのご主人が元気がいいんですけど、要因は「紀州梅」のようですな。ばかでかい梅をばくばく食べて、「こりゃあ、うめー!」だって。梅雨が明けたのに、一気に寒くなりましたぞ!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

7月 30, 2006

正式に”相模原市民”となったオオサンショウウオ

このオオサンショウウオ、昨年10月、川崎市高津区内の路上にいたそうなんですけど、国の特別天然記念物ってことから、横浜地方検察庁川崎支部が保護・飼育を相模原市立相模川ふれあい科学館に依頼し、てなことで相模原市民になったようですぞ。川崎市民だったようなのにね。で、この科学館の入り口付近にて、一般公開をスタートしたんだと。でで、なんと、じゃんけんをしてくれるそうですぞ!「サンショウウオ」は「グー!」。

| | コメント (375) | トラックバック (0)

7月 29, 2006

「二〇〇六相模原のお店大賞」

この大賞、相模原商工会議所の主催で3回目で、今年は同市と合併した旧津久井、相模湖両町も対象に「わたしの好きないいお店」の投票がされたんだって。ということで、「料理屋なかむら」(京風創作会席)が3年連続で選ばれたそうなんですけど、3回受賞したため、「名誉大賞」扱いとなり、来年から投票の対象にはならないんだと。めでたいのかなあ?で、このほか、準大賞にマダムシック(カフェレストラン)、入賞に▽喰心房つかさ(串焼き・串揚げ)、そば遊彩 大松(日本そば)、日本料理志むら別館(日本料理)ってことのようですぞ。おめでとうございまーす!が、チェリーさんのご主人、「どこも行ったことない」だと。そりゃそうでしょう、だってそうだもん!

| | コメント (98) | トラックバック (0)

7月 28, 2006

いってらしゃーい!「ロンドン」は西口のじゃなくて本家本元のですぞ!

チェリーさんのご主人の仕事がらみの面々の「七人の侍」のうちのがんちゃん先生なんですけど、何やら「ロンドン」へ勉強をしにいくことになったんだって。で、「侍」の一人であるかつまん先生の音頭取りで「暑気払い兼いってらっしゃーい会」を催したそうですぞ。てなことで、チェリーさんのご主人も半分仕事のような感じのする中、仲間に入れてもらったみたいですな。きっちり2時間で終了し、チェリーさんのご主人とおかぴいは伊勢佐木町のお寿司屋さんへと。でで、がんちゃん先生に習って近場の「ロンドン」には行かなかったでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 27, 2006

「マタニティマーク」キーホルダーを無料で配りますぞ!

マタニティマークっていうのは、妊娠、出産時の安全性と快適さを高めようと、厚生労働省がことし3月に制定したもんで、マークをバッグなどに付けて、「あっしは妊産婦でござる」ってことを示すことで、妊娠初期など外見では分かりにくい場合にも、周囲からの配慮を得やすくする狙いのもんなんだって。で、小田急、京浜急行電鉄、相模鉄道、東急電鉄など首都圏の鉄道16社は、とにかくも広く普及させようと無料で配ることとしたんだと。配布は妊産婦またはその家族などが対象だそうですぞ!「飲み過ぎマーク」や「少し大声ですぞマーク」なんぞも無料配布してくれんといいんですがなあ、チェリーさんのご主人としては。じゃ、「マタニ」ー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 26, 2006

企画展「アオバトのふしぎ」?

大磯町の照ケ崎海岸に飛来するアオバトの生態や、この鳥にまつわる伝承について紹介するってことで、大磯町郷土資料館で開かれてんだと。アオバトっていうのは、全長30センチほどの中型のハトで、全身が緑色?の美しい羽や毛に覆われてんみたいなんですけど、「青」じゃないんだ!そんでもって、1996年2月、県の天然記念物に指定されてんだって。で、こやつ、奈良県十津川では鳴き声から「おあおのとり」と呼ばれたり、千葉県、徳島県なんぞでは色から由来する「うぐいすばと」などの名があるそうで、なかなかこしゃくですな。でで、海水を飲む珍しい習性があったり、冬の時期、京都のアオバトが、果実だけでなく「どんぶり」を食べている姿が確認されてんそうですぞ!ぎょぎょ、「どんぶり」?!じゃなくて「ドングリ」だって。いやー、「はっと」しましたぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 25, 2006

「パンプキン争奪マラソンスイミング大会」

三浦市の金田湾を舞台に開かれたんだって。もう7回目らしいんですけど、海の環境に関心を持ってもらうとともに、地域活性化を図ろうと、毎回、県内を中心に全国各地から参加者が集まる一方、約100人のボランティアが大会を支えてくれてんだって。という意味があるのかないのか分かりませんが、参加賞として、収穫時期を迎えたカボチャがプレゼントされるなど、町おこしを目指した夏の恒例イベントになりつつあるみたいで、子供からお年寄りまで約400人が、5キロと1キロのコースに挑んだそうですぞ。参加賞ってことは「争奪」じゃありませんな。「そうだつ」んです。むむ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月 24, 2006

びなで箱根PRキャンペーン!

箱根町の観光施設をPRするキャンペーンが東名高速道路下り線の海老名サービスエリアで開催され、箱根町長さん、「きらり妓(こ)」と呼ばれる箱根の芸者さんら15人が参加したんだって。このキャンペーン、2000年9月から春、夏、秋の行楽シーズン前に催され、2004年からは広域事業の一環で熱海市と合同で行われてんだと。そういえば、前にもやってましたな。ところで、びなのサービスエリアってことになりますと、メロンパンだのカレーパンだのが有名のようですけど、目下、チェリーさんは「あやパン」でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 23, 2006

「ジャパンタクシー」、営業開始!

相模原市内の、保有台数20台の小さなタクシー会社なんだって。来春の県北合併で面積約330平方キロとなり、県内では横浜市に次ぐ広さとなる相模原市なんですけど、人口は政令市を見据える約70万人へ、駅数もJR藤野駅が加わり、15から16に増えるってことで、新しく営業を開始することにしたみたいですな。相模原市もずいぶん大きくなるわけですな。びなも取り込まれないように自己主張しませんとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 22, 2006

「国営酒場のこじゃれた方」?で意見交換会?

東京の方だの、千葉の方だの、埼玉の方だのと、なにやらチェリーさんのご主人のやってる仕事がらみのみんなが横浜の方に集まって会議をしたそうなんですけど、チェリーさんのご主人、内容のディープさにお手上げ状態だったんだと。で、場をあらためてソフトな話題の懇親会へと流れていったそうですぞ。横浜の方なんですから中華街でもよかったように思うんですけど、「国営酒場のこじゃれた方」?だって。どこじゃ、それは!働いている人たちはお役人たちなのかなあ。天下り先なのかなあ。が、とにもかくにも満席状態で大繁盛だったみたいですぞ。でで、懇親会、内容はがらっと変わったようなんですけど、やっぱりディープだったんだって。ででで、次回は埼玉の方でということで終わりとなった模様。お疲れ「サマー」!ちと季節に合わせてみましたぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 21, 2006

足柄茶を”ブレンド”した米焼酎「本格お茶焼酎 茶華(ちゃか)」

1,800本の限定生産ってことで、販売が始まってんだって。地場産品を生かした名産作りを進める小田原市農林畜産物特産品開発推進協議会が考案し、小田原酒販協同組合が売り出したそうですぞ。小田原で生産された米「キヌヒカリ」と「マツリバレ」を使用。個性的な商品にしようと乾燥させた茶葉を漬け込み、蒸留、ろ過して仕上げ、アルコール度数は25度ってことのようですけど、茶の味や色はないんだと。なんじゃ、それは!まあ、それはそうと、「ちゃか持ってんか?」、「おー、持ってんぞ!」、「じゃ、飲むか!」っていうようなやや物騒なやりとりがちまたで交わされますかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 20, 2006

「藤沢宿・遊行の盆」は初開催!

時宗の開祖で藤沢市の遊行寺ゆかりの一遍上人が鎌倉時代、諸国行脚しながら念仏を唱え踊ったという「踊り念仏」、これが「念仏踊り」に発展、盆踊りの起源になったってことのようなんですけど、「藤沢イコール盆踊り」という、観光の目玉とする戦略なんだと。今回、全国的にも知名度の高い「越中おわら」だの、西(にし)馬音内(もない)盆踊りだの、市内からは、市無形民俗文化財である「遠藤盆踊り」「葛原盆踊り」のささら踊りだの、また遊行寺に伝えられる原型の「踊り念仏」だのと、レッツ・ダンシング!おどりゃな、損!損!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 19, 2006

そして、また研修、だから雨降り?

チェリーさんのご主人なんですけど、先月に引き続く研修なんだと。ずいぶん間があきましたな。1日拘束され、知り合いはあまりいないし、ときどきグループに分けられちゃあ別室でとりあえずの議論をさせられ、やや昼食難民状態になり、座っているだけなのに妙に疲れるってことで、肩を落として出かけていきましたぞ。これも仕事のうちですから、我慢、我慢と!で、雨降りなんですかなあ?でで、梅雨はいつ明けるんでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 18, 2006

疑似社会体験イベント「ぷちひらつか」

平塚市高浜台の海岸で、地元の子供たちを対象に、一日だけの「小さな町」が浜辺に誕生したんだって。海岸の湘南ひらつかビーチパークに設けられた会場には、12種類のブースがお目見えし、平塚信用金庫や高久製パンなどの企業などなど、さまざまな職業体験が可能だったんだと。そんでもって、子供たちは各ブースで働いた時間数に応じて独自通貨「バウアー」、「イナバウアー」のもじりかなあ、」を給料として受け取るんだと。で、この通貨、どういうふうに使うんでしょうな。なん「つうか」、ほん「つうか」、うっしし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 17, 2006

「みなと祭第五十一回国際花火大会」

横浜市の山下公園前海上を打ち上げ場所に開催されましたな。主催者調べによりますと、きっとおまわりさんのところでは違う数字になるはずなんですけど、浴衣姿の親子連れやカップルら約49万人、「うらやましいー!」だってチェリーさんのご主人は、が同公園や大桟橋、赤レンガパークなどを埋め尽くし、各会場で入場規制が行われたそうですぞ。昨年から警備や清掃費用などを補うため、「ワンコイン(百円)環境安全協力金」活動を始めてんみたいで、チェリーさんのご主人なんぞ、「花火のためなら、ツーコインでもスリーコインでもやりますぞ!」だって。ちと、せこいですぞ!花火のことになると、我を忘れるチェリーさんのご主人、今年はどこかの会場で雄叫びできますかなあ?「すごい!すごい!すごすぎるううう!わー!わー!」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月 16, 2006

「厚木小唄」が復活!

「厚木小唄」、その昔は「厚木音頭」って言ってたそうなんですけど、1905年、旧厚木町の料亭など相模川近辺の商家の人々がアユ漁を楽しむ屋形船で歌や踊りが振る舞われる中で誕生し、親しまれてたんだと。だから、歌詞には誕生当時の相模川の情景などがつづられてんだって。が、1970年ごろから花柳界が衰退し徐々に歌われることが少なくなり、現在歌える人はわずかとなっちゃった模様。貴重な文化を保存するってことで復活したみたいですな。で、復活した「厚木小唄」はCDにして、厚木北地区市民センター)などで保管されるってことですぞ。でで、「花柳界」の復活はないんですかなあ。シィッチュエーションも大事だと思いますぞ!あらら、舌かんじゃった!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月 15, 2006

梅雨はどこへいった!

いやはや午前中から30度を超える猛暑みたいで、最高気温は、びなで35.7度、横浜でも35.1度と今年一番の暑さを記録したそうですぞ。横浜地方気象台さんによると、梅雨前線が北へ向かい、南に張り出した太平洋高気圧から暖かい空気が入り込んだためってことみたいですけど、チェリーさんには残念ながら理解できませーん。で、そんな中、チェリーさんのご主人はというと、物知りよっちゃんと横須賀方面に仕事に行ったかと思いきや、いまや日本で一番弱いSPとなった警視正殿と軽く関内のおそば屋さんでやったようですな。でで、その後、棟梁のいとさんと合流しようとしてたみたいなんですけど、棟梁のいとさんがしびれを切らして帰っちゃったんだって。予定に無理があったんじゃないんですかな、チェリーさんのご主人!どうも失礼しました、棟梁のいとさん!まったく世話が焼けますな、チェリーさんのご主人は!猛暑だから「焼け」たのかあ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月 14, 2006

鳥獣保護法違反(無許可捕獲)の疑いで書類送検する「カモ」?ではなくて「ツバメ」!

箱根町の箱根ホテルでは、テラスの屋根下にあったツバメの巣を撤去した際、60~70羽のヒナも一緒に廃棄しちゃったそうなんだと。なんたることを!小田原署の調べなどによるとですぞ、巣の撤去は6月30日に看板の設置工事とともに行われた模様で、巣の中にはヒナがいたっていうのに、関係者は巣とヒナを土のう袋に入れ、同町小涌谷の作業場に放置したんだって。おやおや、いけませんな。で、ヒナはどのくらい生き残ったんでしょうなあ。元気にしてますかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月 13, 2006

あなたが「神田」?

実に久方ぶりにラボ会が開催されたみたいですな。例の神田の牛タン屋さんにてだったようですぞ。ラボ長が一番乗りで、えらそうにチェリーさんのご主人たちの到着を待っていた模様。ラボ長だから、えらいのか。「牛レバー」だの、「ゆでタン」だの、「あれ」だのとやっぱり「タン」と食べてお腹いっぱいになったみんなのようですな。で、帰りは、事務局長のあさポンが新宿まで見送りにきてくれたってことですから、迷惑をかけたんじゃありませんかな、チェリーさんのご主人。でで、来年3月には、函館にて、プロフェッサーも含めて合宿することを決議したそうですけど、またラボ長が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 11, 2006

やっぱり出来ましたな、「かながわ検定」事業

何かと検定ばやりの今日このごろのようなんですけど、2007年からかながわ検定が始まんそうですぞ!で、この検定、横浜に関する知識を問う横浜ライセンスと神奈川のモノ知り度を試す神奈川ライセンスの二本立てなんだと。でで、ともに1年目は初歩的な3級のみを実施すんみたいですな。だったら、まさに、チェリーさんと一緒に日々の旅を続ければ、これらのライセンスはゲットできますな。何やら参考書の指定もあるようですけど、きっと選定されますぞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 10, 2006

「湘南サイダー」 by 川崎飲料

サイダー自体が青いのが特徴でラベルは波の写真に、青の市松模様が施されたデザインになってる、そんな湘南の海をイメージしたってことで、今月から販売すんだと。甘さもひかえめってことで、ナウな湘南ボーイの間で話題を呼んでる?かなあ。茅ケ崎、平塚、鎌倉市内などの酒販店を中心に販売する予定のようですが、チェリーさんのご主人のおじいちゃんやおばあちゃんのいる伊勢原も「湘南」なんですけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 09, 2006

アボカドの輸入が伸びてんだって!

アボカドは熱帯地方や亜熱帯地方で栽培されてんってことで、ほとんどが輸入らしいんですけど、横浜税関さんによると、2005年の横浜港の輸入実績は数量・金額ベースとも過去最高を記録したんだと。どうやら健康食品ブームにのって消費が増えてんみたいなんですけど、国民1人当たりの年間消費量はおよそ1個(約200グラム)ってことで、これからまだまだ増えそうですな。が、チェリーさんもチェリーさんのご主人も食べませんから、その分は誰か食べてくださーい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月 08, 2006

かつまん先生

金庫のドアにぶつかって眉毛のあたりをちと切ってしまって、何かよからぬ事が起きそうな予感がしてた、毎年一人で過ごしてた七夕なんですけど、チェリーさんのご主人、おつきあいで飲むことになっちゃったんだって。チェリーさんのご主人の仕事に大変関わりがあって、動かないものなら何でも鑑定しちゃう、かつまん先生が「下見に行きましょう!」ってことで、チェリーさんのご主人の職場のはせどん、物知りよっちゃんに誘いがあったみたいなんですけど、なぜかチェリーさんのご主人も行くことにさせられちゃったようですな。「下見」?ってことは、何か本番があるんですかなあ。かなり疲れてテンションが低く帰宅した、そんなこんなのチェリーさんのご主人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつまん先生

金庫のドアにぶつかって眉毛のあたりをちと切ってしまって、何かよからぬ事が起きそうな予感がしてた、毎年一人で過ごしてた七夕なんですけど、チェリーさんのご主人、おつきあいで飲むことになっちゃったんだって。チェリーさんのご主人の仕事に大変関わりがあって、動かないものなら何でも鑑定しちゃう、かつまん先生が「下見に行きましょう!」ってことで、チェリーさんのご主人の職場のはせどん、物知りよっちゃんに誘いがあったみたいなんですけど、なぜかチェリーさんのご主人も行くことにさせられちゃったようですな。「下見」?ってことは、何か本番があるんですかなあ。かなり疲れてテンションが低く帰宅した、そんなこんなのチェリーさんのご主人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 07, 2006

「先生はプロチアリーダー!」(マキノ出版) by 英語の先生兼現役のチアリーダーでもある黒田紫(ゆかり)先生、「子持ち★バツイチ★44歳」?

顧問を務める県立茅ケ崎高校チアリーディング部が2004年に日本一になるまでの歩みをつづった本なんだと。非行で荒れていた同校が、チア部の成長とともに誇りを取り戻していく過程が描かれてんそうで、「スクールウォーズ」みたいですな。黒田先生、1980年、18歳で日本初のプロチーム一期生に選ばれたり、指導者としては赴任先の県立住吉高校で設立したチア部をチャンピオンチームに育て上げたり、なななんと、プロ野球マスターズリーグ公認チーム「ランサーズ」代表として現役で踊り続けてんだって。で、「イソップ」は出てくんのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 06, 2006

七夕だよ!新江ノ島水族館に集合!

天の川や銀河などの名を与えられたのは、体にきれいな「星」があるからってことのようで、無数の白い点をちりばめた「シモフリタナバタウオ」だの、大群でいると夜空の天の川のような「アマノガワテンジクダイ」だの、「ギンガハゼ」には青白い点が入てんだの、「ホシ」「ミツボシ」といった名が入った魚だの、「ゴシキエビ」という迷彩模様のエビだの、と水槽の中もロマンチックが止まりませんなあ。で、チェリーさんのご主人はといえば、ロマンチックが「見つかりません」なあ!ダメだ、こりゃあ。次、いってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 05, 2006

えほん、といえば「世界の絵本展」?

世界120カ国・地域から寄せられた絵本1万点の中から代表的な千点を展示してるってことで、横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野展示室で始まってんだと。国連、ユネスコの決議による「平和の文化および非暴力の世界運動」の一環で、2001年にスタートしたそうで、すべての絵本を実際に手に取って読めるんだって。そりゃあ、まあ、「ブック」りしましたな。が、「ほん」との話ですぞ!がが、チェリーさんは、「手にとって」は読めませんぞ!「羽」ですから・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 04, 2006

「スカベンジ」

三浦市立三崎中学校で講演会が開かれたそうなんですけど、スカベンジっていうのは、ゲーム感覚で楽しみながら気軽に参加できるごみ拾いで、関東学院大学の環境サークル「HEP」のメンバーが熱く魅力を語ったんだと。そんでもって、「スカベンジのキーワードっていうのがあって、仲間、出会い、チャレンジなんだって。ゲーム感覚のごみ拾いっていうのはどういうことなんでしょうなあ。ゲームに負けると「クリア」になるってことですかなあ。じゃあ、勝てませんぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 03, 2006

サイクリング、サイクリング、ヤッホー!ヤッホー!ブギウギ!

「第37回交通安全子ども自転車県大会」が横浜市の横浜文化体育館で開かれ、小学生のみんなが自転車の安全走行の習得度を競ったんだと。自転車の安全な乗り方や走行マナーなどについて学んでもらおうってことで毎年開催してんそうなんですけど、交通法規について答える学科テストと、交差点や踏切の正しい通り方や走行バランスをチェックする実技テストの2種目があんそうですぞ。で、県内各地から18校24チーム計100人が参加し、小田原市立桜井小学校が9連覇を達成したそうですぞ。おめでとうございまーす!片手運転、立ち乗り運転、二人乗りなどなどは、ダメダメ!あー、あこがれの「サイクリング・ブギウギ」、じゃーん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 02, 2006

雑排水管のお掃除

チェリーさんちのマンションも少し年を重ねてきたってことで、まずは、雑排水管の大掃除なんだと。何やらホースのようなものを持ったお掃除屋さんがチェリーさんちにもやってきましたぞ。全戸に2日かけてまわってんだと。「サクションポンプ洗浄」だの「高圧水洗浄」だのと、チェリーさんにはちんぷんかんぷんですぞ。で、そんなに時間もかからずに「お掃除完了」ってことで、次のお部屋にいっちゃいましたな。きれいになったんですかなあ?チェリーさんとチェリーさんのご主人の「懺悔」を流してみますかな。よしよし、流れていきましたぞ!ちと、「くだ」らないこと言ってますなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 01, 2006

「ビーサンアートフェスティバル」?「ビーサン」って誰だ!

横浜市の京急百貨店の7階ギャラリー〈旬〉で開催してるっていうんですけど、「ビーサン」っていうのは誰だ?チェリーさんの知り合いにはいませんぞ。そんでもって、葉山町の「ビーサン」専門店?「げんべい商店」店主さんの呼び掛けで、湘南在住の10人のアーティストが参加して約50点の「ビーサン」をモチーフにしたアート作品が集まったみたいなんですけど、「ビーサン」は結構人鬼者ですなあ。今度は、是非、「チェリーさんアートフェスティバル」っていうのをやってほしいですが、「チェリーさん専門店」ができたら、何を売ればいいのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »