« 絵手紙約400通 | トップページ | 小田原の木工職人グループ「木の国屋」 »

2月 24, 2006

「MUSACO(ムサコ)」ってどこだ

再開発を進めている川崎市にある武蔵小杉駅周辺地区の愛称なんだと。この愛称、慶応大学大学院政策・メディア研究科の日端康雄教授や中原区内の6高校の生徒ら17人の選考委員が、寄せられた1,702通から選んだそうで、「最も理想的で満足できるコミュニティー」の意味があんだって。Most 「理想」って英語でなんっていうんだ! SatisfyなCommunityってことかなあ。それはそうと、川崎市はこれを商標登録する予定で、住宅開発事業者や地元商店街などを対象に、無償で使用してもらおうとしてんそうですぞ。たいしたたまげた!で、チェリーさんの住む「BINA(ビナ)」には意味があんですかなあ。

|

« 絵手紙約400通 | トップページ | 小田原の木工職人グループ「木の国屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「MUSACO(ムサコ)」ってどこだ:

« 絵手紙約400通 | トップページ | 小田原の木工職人グループ「木の国屋」 »