« 「清川梅わいん」と「清川ゆずわいん」 | トップページ | 市民朝霧市の「新春初市」 »

1月 15, 2006

小正月の伝統行事「さいの神」が10年ぶりに復活!がこれで最後か?

川崎市多摩区登戸地区で行われたんだって。今ではただの石ころみたいなんですけど、石製の「さいの神」が残されてて、かつては、この回りに「小屋」を作って”集いの場”とし、最後に点火する行事が小正月に実施されてきたんだと。が、宅地化の進展で10年前に中止され、小屋を燃やす大掛かりな「さいの神」は登戸地区からなくなっちゃったらしいんですけど、復活したそうですな。伝統の火を消してはいけませんな。が、火の用心!

|

« 「清川梅わいん」と「清川ゆずわいん」 | トップページ | 市民朝霧市の「新春初市」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小正月の伝統行事「さいの神」が10年ぶりに復活!がこれで最後か?:

« 「清川梅わいん」と「清川ゆずわいん」 | トップページ | 市民朝霧市の「新春初市」 »