« 横浜市の野毛地区にある飲食屋に集うデザイナーらが創刊した雑誌「NGT000」 | トップページ | デンタル・ケア »

12月 13, 2005

地域作業所などが作品を持ち寄った「ふれあい作品展」

茅ヶ崎市役所2階ロビーで始まってんだって。この作品展は毎年恒例で、知的障害者や精神障害者が通う地域作業所への理解を製品を通して深めてもらおうのが狙いってことで、市内の作業所を中心に計14団体が参加してんだと。バッグ、マフラー、眼鏡ケースなどの布製品や、陶器製の湯飲み、切り絵でサンタクロースをあしらったクリスマスカードや正月用のしめ縄などの手作りの品が安価で出品量が多いそうなんですけど、人気があるようなんで早く行った方がよいですぞ。将来の巨匠の作品に出会えるかもしれませんからな。

|

« 横浜市の野毛地区にある飲食屋に集うデザイナーらが創刊した雑誌「NGT000」 | トップページ | デンタル・ケア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域作業所などが作品を持ち寄った「ふれあい作品展」:

« 横浜市の野毛地区にある飲食屋に集うデザイナーらが創刊した雑誌「NGT000」 | トップページ | デンタル・ケア »