« 公園さえも「作品」にしてしまう現代美術:ホテル「ヴィラ會芳亭(かいほうてい)」 | トップページ | 秋冬の省エネスタイル「ウォームビズ」のファッションショー »

9月 19, 2005

川崎市多摩区の伝統芸能「菅の獅子舞」

県の無形民俗文化財に指定されてんらしいんですけど、菅北浦の薬師堂境内の土俵で奉納されたそうですぞ。 菅の獅子舞っていうのは、とにもかくにも、かなり古い時代から行われていたらしく、五穀豊穣(ほうじょう)、疫病退散を祈願する舞として伝わってんだと。獅子は雄獅子、雌獅子、臼(きゅう)獅子の三頭一組で舞う「一人立ち三頭獅子舞」と呼ばれる形式が特徴ってことで、それに天狗が加わんだと。で、今日はこれでおし「まい」。

|

« 公園さえも「作品」にしてしまう現代美術:ホテル「ヴィラ會芳亭(かいほうてい)」 | トップページ | 秋冬の省エネスタイル「ウォームビズ」のファッションショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市多摩区の伝統芸能「菅の獅子舞」:

« 公園さえも「作品」にしてしまう現代美術:ホテル「ヴィラ會芳亭(かいほうてい)」 | トップページ | 秋冬の省エネスタイル「ウォームビズ」のファッションショー »