« 茅ケ崎市ゆかりの民話「河童徳利(かっぱどっくり)」にちなんだかっぱの像 | トップページ | 彗星探査計画・ディープインパクトに関するプラネタリウム番組 »

6月 17, 2005

3年間たるに入れて寝かせた新商品の日本酒「神泉湘山」

創業約270年、津久井町の清水酒造が開発したんだって。基本的には辛口らしいんですけど、神泉湘山の場合、3年寝かせることにより渋みがほのかな甘みに変わったらしいですぞ。どうやら偶然の産物ってことらしく、醸造量は約1万本分しかない上、次に出荷で同じ味ができるか分からないんだって。ずいぶんリスキーな日本酒、いや古酒?ですかな。味は、「しょうさん」に値しますかな。

|

« 茅ケ崎市ゆかりの民話「河童徳利(かっぱどっくり)」にちなんだかっぱの像 | トップページ | 彗星探査計画・ディープインパクトに関するプラネタリウム番組 »

コメント

古酒のほのかな甘みというのは、どことなくチョコのようn味でして、私は苦手です。

投稿: チェリーさんのご主人 | 6月 22, 2005 01:01 午後

> 日本酒「神泉湘山」

もし賞味されたおりには御報告いただければ、と。
私は日本酒に悪酔いするタチで呑みませんが、興味はひかれます。

投稿: 四国人 | 6月 22, 2005 10:51 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年間たるに入れて寝かせた新商品の日本酒「神泉湘山」:

« 茅ケ崎市ゆかりの民話「河童徳利(かっぱどっくり)」にちなんだかっぱの像 | トップページ | 彗星探査計画・ディープインパクトに関するプラネタリウム番組 »