« においフェチまきぞうのにおいに誘われて集まった濃いキャラの面々 | トップページ | 伝統行事「蛇も蚊(じゃもか)も祭り」 »

6月 05, 2005

企画展「あつぎの陸貝・淡水貝」

厚木市の市立郷土資料館で開かれてんだって。梅雨の時期に合わせ、活動が活発になるカタツムリなどの陸貝やシジミなどの淡水貝を紹介するってことで、この資料館で収集・保存しているミヤマヒダリマキマイマイなど珍しい陸貝類のパネル写真や、「でんでん虫」でおなじみのミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイなど陸貝やマルタニシなど淡水貝の標本に加え、生きたドブガイとタイワンシジミなど計40種類を展示してんだと。 かつて、水田で見られたタニシ類が宅地開発で激減し、在来種の淡水貝も外来種に生息が脅かされてるってことだけに、どん「まい」なんて言ってる場合じゃありませんな。

|

« においフェチまきぞうのにおいに誘われて集まった濃いキャラの面々 | トップページ | 伝統行事「蛇も蚊(じゃもか)も祭り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企画展「あつぎの陸貝・淡水貝」:

« においフェチまきぞうのにおいに誘われて集まった濃いキャラの面々 | トップページ | 伝統行事「蛇も蚊(じゃもか)も祭り」 »