« 「よこはまスローフードフェア」 | トップページ | ガラスの美を競う二人展「安井顕太と岩野正美の世界」 »

5月 01, 2005

城ケ島の「水垂れ(みずったれ)の松」

1995年には「かまくらと三浦半島の名木・古木50選」に選定されたほか、三浦市の保護樹木24本のうちの一本にも選ばれてんらしいんですけど、「松くい虫」による被害で枯死状態となり、今夏にも伐採されるらしいんだって。松は島東部に突き出た岩場から海上にせり出すように生えてて、樹齢は不明らしいんですけど、樹高6メートル、幹回り1.5メートルの古木なんだと。すぐそばには、城ケ島を来遊した源頼朝が茶やすずりの水に使用したとの伝説が残る岩清水「水垂れ」があるってことで、名付けられたのかな?この「松くい虫」め!ばかったれ!

|

« 「よこはまスローフードフェア」 | トップページ | ガラスの美を競う二人展「安井顕太と岩野正美の世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城ケ島の「水垂れ(みずったれ)の松」:

« 「よこはまスローフードフェア」 | トップページ | ガラスの美を競う二人展「安井顕太と岩野正美の世界」 »