« 昨日の異常気象の報告 | トップページ | 仕事一筋、ファイトー! »

12月 07, 2004

ちょっとなぞに包まれた、新しい野菜「プチベール」

この野菜、静岡県の種苗会社、増田採種場が1990年に開発した新しい野菜で、青汁の原料などに使われるケールの一種と、芽キャベツを交配して作り出したらしいんですけど、ほかの野菜の生産量が落ちる冬場に収穫できるのが大きな特徴っていうことで、伊勢原市内を中心にした農家の女性らが、栽培に取り組んでんだと。トマトの約2倍のカロチン、ブロッコリーやレモンを上回るビタミンC、ブロッコリーの約5倍、ホウレン草の約2.5倍の鉄分、鶏卵を上回るカルシウムなどが含まれてんだって。やっぱり、ちと「ベール」に包まれた野菜ですなあ。

|

« 昨日の異常気象の報告 | トップページ | 仕事一筋、ファイトー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとなぞに包まれた、新しい野菜「プチベール」:

« 昨日の異常気象の報告 | トップページ | 仕事一筋、ファイトー! »