« 「湘南ひらつか囲碁まつり 五百面打ち大会」 | トップページ | 「銀河鉄道2004スターライナー」はびなも通る! »

10月 12, 2004

「失楽園 風景表現の近代1870─1945」

横浜美術館の開館15周年を記念する企画展なんだって。印象派の時代から第二次大戦終結までの75年間に制作された絵画、写真を通し、戦争や災害に苦悩する人間の姿を、6部構成であぶり出すんだと。欧米、日本を含めた東アジアの油彩、日本画、版画、モノクロ写真など約310点とか、晋仏戦争で崩壊した首都をイメージして仕上げた洋画家コローの油彩「夢─燃えるパリ」や、関東大震災で焼け野原を逃げまどう人々を描いた洋画家鹿子木孟郎の油彩「大正12年9月1日」など、緊張感あふれる作品が並んでんらしいですぞ。苦悩が続いてんですなあ。チェリーさんは、のんきなもんですぞ。

|

« 「湘南ひらつか囲碁まつり 五百面打ち大会」 | トップページ | 「銀河鉄道2004スターライナー」はびなも通る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「失楽園 風景表現の近代1870─1945」:

« 「湘南ひらつか囲碁まつり 五百面打ち大会」 | トップページ | 「銀河鉄道2004スターライナー」はびなも通る! »